お客さんの策略で『キングダム』にハマる…!

ホワイトデーになぜか『キャンディ♥キャンディ』の愛蔵版をプレゼントしてくださったお客さま”はっくん”が…

今度は男くっさい漫画を引っ提げて同伴の待ち合わせに現れました…!!

「君さ、中身は体育会系だし熱いところあるから、きっと好きだよ。」

とどっさり渡された漫画。

それは

『キングダム』

ハマるよね。

無理もないよね。

連休つぶすよね…。

私のゴールデンウィーク、心の中は王騎一色でありました。

キングダム(16) [ 原泰久 ]
価格:555円(税込、送料無料)

ストーリー上、主人公の信が成長していくにために(あと史実上)王騎は死ななきゃいけないと解っていても、受け入れられなかった…。

王騎が逝くのがイヤでイヤで、内心「なんでこんな物語を描くのよーっ!」って泣きたくなるほど原泰久氏の手に乗ったね。

ホステスをやっていると千差万別な男の器を日々観察することになるわけで、「この人が社長だったら絶対スゴイ会社になる」と思うのが、やっぱり王騎麃公

麃公が死ぬところも辛かった…!

キングダム(30) [ 原泰久 ]
価格:555円(税込、送料無料)

王騎麃公が社長だったら、社員はとにかく社長に名前を覚えてほしくて頑張る気がする。

そんなカリスマ性と大きさに何度泣かされたか。うー。

あとしびれたのは張唐将軍の死に様。

すでに瀕死の状態なのに、兵器に毒を使う姑息な敵の韓将・成恢に対して、

「このたわけがっ
大将が背を見せて逃げるなァ!!」

と壮絶な気迫で斬りかかり、文字通り一刀両断にする場面。

男の意地。このシーン好きだなあ。

「でもさ、君の好きな男のタイプは違うよね。
『キングダム』の中で誰が一番タイプか、僕当てちゃってもいいかな?」

とはっくん。

身近にいたら誰に惚れるか?
妄想するだけでも楽しいですよねー、こういうの。

って考える間もなく

蒙恬でしょ。」

…当たりです。

べ、別にイケメンだからじゃないですよ?

DSC_0072

器用で頭のいい人が好きなんです。

状況を常に俯瞰できて、渋い活躍ができる人。

楚の白麗の弓の腕前に危機感を覚えて、台車の下に潜んで斬りかかったり。

ふだんは飄々としているけど、いざと言う時には男気見せるし。

知力と武力のバランスの良さが格好いいのです。

それにしても原さんの描くキャラクター、深くて濃くていいですよね。

ちなみに敵将の中では輪虎が好きです。

ところではっくんは一昨年にも私にどっさりと本を持って来て、ハマらせた前科があるんです。

その時はクライブ・カッスラーの小説ダーク・ピットシリーズで、『インカの黄金を追え』とか『アトランティスを発見せよ』とか…分厚いのに止まらなくなるし、ほんと困った。

『キングダム』も何度も読み返しては泣いてしまう…。

そう言えばはっくんは、いい男が逆境の中で活躍するストーリーが好きだなあ。

読みながら自身もインスパイアされているのかもしれませんね。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大
紫花油