ホステスとSNS~今、集客にブログを勧めるワケ~

夜の仕事とSNSの相性

私はこのブログでホステスという職業を明かしていますが、お店の名前や場所は明かしていません。
営業用に開設したわけではなく、むしろここは女性に対して開いている場所だからです。

TwitterとFacebookのアカウントも持っていますが、逆にそこには仕事のことを一切書かず、お客さまともほとんど繋がっていません。
ごく一部の古いおつきあいの方のみです。

でもSNSの時代、何も利用していない女の子のほうが稀ですよね?

そして職業を明かしてやるからには、仕事や稼ぎに結びつけたいですよね?

私自身、せっかくこういったツールがあるのに営業に全く利用しないのは、ちょっともったいない気がしています。

実際、夜の仕事専用のアカウントを作ろうとしたことがありましたが、不特定多数のお客さまに向けたメッセージは、個人の胸には響かないので、つぶやき形式のSNSはこの仕事にふさわしくないと判断しました。

個人宛てにお礼状やメールを書いたほうがよっぽどいい。
そこには名前の呼びかけがあり、二人の間の会話があり、独特の空気感が生じます。
お客さまの心に届くのは結局、その方のためだけにした行為です。

ですが一つだけ、とても魅力を感じるツールがあります。

実は今さらながらそれは、ブログなんです!

ホステスの集客に有効的なブログの書き方

ブログは上手く利用すれば、既存のお客さまとのコミュニケーション手段になるし、新規のお客さまとの架け橋にもなってくれるでしょう。

そこではお店や源氏名を明かし、個人として文章を綴ります。
ただし、一ホステスとしてではなく、一人の女の子、一人の人間として書くイメージです。

上手く機能させるために気を付けるべき点を見ていきましょう。

ポジティブなことを書く!

!!

仕事の愚痴や他人の悪口ほど、他人に嫌悪感を抱かせるものはありませんよね?

読んだ方が「時間の無駄だった」と少しでも思ったら、二度とそのブログは見てもらえません。

誰かについて書く時は、とにかく人を褒めましょう

お客さまの粋なエピソード、ママの尊敬しているところ、同僚の素敵だなと思うポイントなどは、読んでいても気分が良いものです(結果として書き手の性格も良く映ります)。

また、自分の将来の夢や打ち込んでいる趣味など、お店とは関係ないところで頑張っていることがあれば、それも評価アップにつながります。

特におじさま方は、何かを頑張っている若い娘を応援するのが好きですからね♪

リピートしたくなる記事を!

!!!

更新頻度はなるべく高いほうが、人は毎日見に来てくれます。

無理なく続けることと読みやすさのため、適度な短さも大切です。

一気に読み切れて、最後にくすっと笑えるものや、続きが気になるものだと尚良いと思います。

ダラダラと日記のようなものを書かず、明朗・簡潔に小気味よいリズムで綴りましょう。

プライベートを赤裸々にしない!

!!!!

住んでいる所など半径5m以内の情報は、自分でしっかり守りましょう

どんなに盛れていても自撮りの顔写真をバーンと載せたりはせず、少々ぼかしたり横向きにするなどして、全身を晒すことはないようにします。

全部が開けっぴろげだと魅力が半減するだけではなく、これは、ストーカーや粘着質のファンを寄せ付けないためでもあります。

もし文章が苦手で画像頼みなら、自分の作品的なものを撮影するのがオススメです。

自作の料理やお菓子、アクセサリー、洋服、活けた花などは、言葉に代わって新たな一面をアピールしてくれます。

スポーツやアートなどについて少々熱く語っても、お店での姿とのギャップを良い意味で広げてくれるでしょう。

まとめ

ブログに限らずSNSを仕事に結びつけるなら、共感を呼ばないと意味がありません

前向きなスペースにしていきましょう。

私自身はあと二年で引退を考えている身ですが、20代半ばだったら絶対ブログを始めていたな…営業ブログには見えないかたちの営業ブログを。

まだホステス歴が浅くこれから伸び盛りの方、あるいは伸び悩んでいる方は、ぜひ気軽に試してみてくださいね♪

ちなみにAmebaなどの定番も悪くはありませんが、デザイン性を考えるならJUGEM PLUSがオススメです!



ブログでゆくゆくはお小遣い稼ぎまで目指したい方はお試しください。

めっちゃ可愛いのから大人女子向けまで、素敵テンプレが沢山ありますよ。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大
紫花油