ビレッジホテルカトンに宿泊した感想

今日はシンガポールで宿泊したホテルについて書きたいと思います。

二ヵ所に泊まったけど、どちらも大満足だったので。

ちなみに、宿の予約に利用したのはHotels.com

検索のしやすさ、各ページの見やすさ、サイトの軽さ、画像の美しさなどアドバンテージは沢山あるのですが、何よりお得な料金が決め手!
10泊分利用すると、なんと1泊無料で宿泊できちゃう♪
私は半年に一度ペースで海外に行くので、10泊はわりとすぐ貯まるんです。

それに会員特別価格の割引率がかなり太っ腹!
シンガポールはホテル代が高いので、25%オフにかなり助けられました。

出張が多い方や趣味が旅行の方にはオススメの予約サイトです!

今回のシンガポール旅、私が最初に泊まったのは「ビレッジホテル カトン(Village Hotel Katong)」でした。

アクセスは、MRTの最寄り駅パヤ・レバからタクシーで10分以内。
料金はジャスト6ドルでした。
車は二階のフロント真ん前に横付けでき、ポーターが荷物を引き受けてくれます。

ちなみに空港から直で向かう場合には、シャトルバスが無料で利用できますよ。

フロントは広々していて、色使いがお洒落。

DSC_1910

DSC_1912

チェックイン時の担当だったANNEはテキパキしていて親切で、部屋に入る前に「あ、このホテル当たり♪」って思いました。

私が宿泊したのは8階のスーペリアルーム。

シティビューのバルコニーが備わった29㎡もある部屋で、明るく開放感がありました。

DSC_1548

ベッドから撮ったデスク周り。

DSC_1553

若草色×山吹色が基調の爽やかな内装です。

スーツケースを載せる台や

DSC_1532

洗面所の鏡までこの配色で統一されています。

DSC_1526

DSC_1563

アメニティは必要最低限。

DSC_1556

シャンプーしかないので、女性はコンディショナーやトリートメントを持って行くことをお勧めします。

このホテル、特筆すべきは収納の充実ぶり!

こちらはクローゼットの扉を開けたところ。

DSC_1534

金庫の下には深さたっぷりの引き出しが3段もあり、これをフル活用するほどの長期ステイができたらなあ!と夢が膨らみました。
中にはバスローブとスリッパ、ドライヤーにアイロン&台、懐中電灯に傘まで!
なんの心配もなくロングステイできますね。

さらにデスク自体もワイドだし、引き出しもこんなに!

DSC_1531

無料Wi-Fiも問題なく使えるし、ビジネスでも安心して泊まれますね。

こちらはミニバー。

DSC_1530

って言うけどアルコールなどはなく、冷蔵庫でもないらしい。

スタッフに聞いてみると、ここに自分で買って来たドリンク類を入れると凍っちゃうんだって。
つまりアイスを作るためのもの。
「じゃあ水やジュースは部屋で冷やせないの?」と聞いたところ、「フロントでお預かりして冷やします。」と言われました。

こればかりはふつうの冷蔵庫で良くない!?って思っちゃった。
どう考えてもアイスが欲しい客より水を冷やしたい客のほうが多いような…。

この暑い国のこのレベルのホテルで、部屋では何も冷蔵できないなんて、ちょっと不便です。

まあ私はこれでビールを冷やしましたけどね…凍る寸前が好きなので♡

かと思えば最先端のこんなサービスも!

DSC_1579

このスマホ的デバイス、部屋の外に持ち出して使えます。
ネットもし放題。

驚いたのは「日本にも無料でコールできるよ!家族に電話してみなよ」と言われたこと。
私の家族はシンガポールにいる訳ですが、かなり嬉しいサービスですよね。

でも最近導入したばかりで、スタッフも使い方を解っていないもよう…。

さてさてお部屋の外のファシリティに移ります。

4階には屋外プール。

DSC_1862

小さな子ども連れの家族で賑わっていて、大人にはちょっと楽しめそうになかったけど。

隣りには小さなジムとシャワールームがあって、深夜便の場合、チェックアウト後でもここでシャワーを浴びることができます。
いったん外に出たら汗をかきますから、これは嬉しいサービス。
ただしアメニティ類は一切ないので自分で持ちこみましょう。
ドライヤーもありません。

プールサイドから見上げたホテルはこんな感じ。

DSC_1870

1階にはスーパー、2階にはカフェがあり、ホテルから出なくても食事に困りません。

飲食店はホテル正面にいくらでも並んでいるし、近いうちにオススメのお店について書きますね。

ビレッジ ホテル カトン最大の魅力は、

シンガポール中心部では考えられない広々空間を満喫できること!

そしてスタッフが親切でサポートに熱心であること!
(聞き取りやすい英語なのも助かりました。)

またシンガポールに行くことがあれば、私は必ずここにステイします♪

最低価格保証のご予約はコチラから⇒ホテル予約ならHotels.com

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大
紫花油